5. 渡月橋界隈

川も橋も工事が終わりました

先の「東の横綱」八坂道に対抗して「西の横綱」は、明子はんと黒沢先生がエンディングに良く歩いている嵐山の渡月橋。平成25年の台風による桂川の氾濫被害後、川の流れを良くする為に固定堰(6号井堰)の撤去工事で土嚢やら重機やらでイマイチな景観でしたが、今年になってそれが終わった・・・と思ったら、 また台風で渡月橋の欄干が倒れ、ブルーシートで覆われたりして大変でしたが、こちらも復旧しました。

すっきりしました
   

日中は横を乗用車にタクシーに観光バスがガンガン通って、 先の八坂道よりデートで歩くには適さなくて、静かに散策ならば橋を渡って中洲の公園がオススメです。実際、そこのベンチ(「火村英生の推理」でアリスが座ってたとこ)で話しているシーンもありました。橋を挟んだ反対側の中洲の先端も良く見るロケ地です。

中洲の上流側

上流左岸はちょい侘しい

渡月橋を渡って右(川上)に行くと、屋形船の乗船場や宗像神社、宗像神社境内が入り口の「嵐山モンキーパークいわたやま」、もっと先に行けば浜茶屋の山版という感じの「琴ケ瀬茶屋」があって面白いですが、全体にちょっとうらぶれムードがあって、熟年カップル()向きじゃない。

中洲から見た宗像神社
  
モンキーパーク入り口は宗像神社境内

この寂れた雰囲気を逆手に取って、シリーズ25作目「呪いの絵馬」では、「中洲(4枚目の写真の場所)に居た明子と良恵が、川島なお美主宰の怪しい投資会社の株で失敗大損こいて、とぼとぼ歩く東てるみを偶然向こう岸に見かけて話す」景気の悪いシーンが、宗像神社への入口付近で撮られておりました。

侘しい
更に奥の琴ケ瀬茶屋
琴ケ瀬茶屋で孤独のグルメ
更に山奥の珍スポ(健脚コース)
2018年12月公開

サイト内検索