7話

3. 旧 京都市立清水小学校

気になる屋上>科捜研のあそことココ

「朱色の研究」ラスト、八坂の塔が見える草ぼうぼうの印象的な屋上。今は廃校になっている京都市立清水(きよみず)小学校でした。

清水寺に至る松原通の途中にある
コンクリートの近代建築

1869年(明治2年)創立で、近年における小中学校の統合と学区改編に伴い2010年に閉校。周りはほとんど建物に囲まれており、清水寺に続く松原通沿いに面した校門と、通学路を示す路面の「文」マークが、 かろうじてその存在を、前を行き交う観光客に示しています。そんなわけで、肝心の屋上ですが、遠くからなんとか見える場所を捜して撮影、拡大トリミングするしかありませんでした。

自然緑化
秋だと草が無かった

京都観光の一等地ですから、東山の山並みと京都市街を一望できるロケーションを利用し、再開発されホテルとして生まれ変わる予定で、在りし日の学校の姿を見ることができるのも、残り僅かな間だと思われます。

建物については、下の清華大学建築学科のサイトが詳しく、屋上からの眺めの写真もあります。あと、特に地球温暖化云々で屋上緑化を目指して、ああなったわけではないそうな。

ブラタモリで歩いてた

実はこの界隈、非常に多くの作品に使われているロケ地なのですが、それはまた別の機会に。

2018年10月改定公開