2話、8話予告パート他

1. 上七軒

今出川通側はイマイチ風情が無い
らしいのは北野天満宮近くのこの辺

エンドクレジットに「撮影協力・上七軒歌舞会」と出るように、このドラマでは京都で最古の花街(かがい)である上七軒(かみひちけん)の各所を見ることができます。 歴史、行事の詳細、お茶屋さんの所在地等は、下の公式サイトからどうぞ。

上七軒通は北野天満宮の東門から今出川通まで、東南に斜めに伸びた通りで、祇園に次ぐ京都らしい景観地区です。一本道なのでストリートビューでも「見覚えのある場所」が簡単に探せます。

歌舞練場内の喫茶「茶ろん上七軒」がオススメ
右は西方尼寺の塀

ロケは主に上七軒通、西方尼寺(非公開)西側の上七軒歌舞練場に続く道、同じく寺の東側の道で行われています。8話の予告パートで、 アリスが拉致されたことを知った火村が、歌舞練場への道から上七軒通に走り出ますが、寺の塀と丸い街灯が後ろに映りました。

近くの西陣御召の織元のアンテナショップ「弓月京店」は、「京都南署鑑識ファイル」の撮影協力をしています。

上七軒通

同じく8話予告パートで、背景にちらりと「〒」マークが確認できます。京都北野郵便局は、景観に配慮したシックな町家郵便局でした。 不敵に笑う諸星沙奈江(長谷川京子)が立つのは、上七軒通の寿司店「芳月」の前。

この路地裏、「853~刑事・加茂伸之介」では主演の寺脇康文が、犯人を追いかけて走り回っています。

右の建物が改築して雰囲気少し変わってた

火村先生の下宿も何故か上七軒

学生時代からずっと火村が住んでいる、時絵ばあちゃんが営む銀閣寺にほど近い北白川の下宿……のはずですが、外観に使われているのは、上七軒通の一筋南に連なる町家の一軒。周りにはお茶屋さんや飲食店もありますが、ここも含めて一般家屋の多い通りなので、なるべく静かに歩きましょう。

火村先生ちはこの奥

風情があり人通りも少ないせいか、良くロケが行われる一角で、「スペシャリスト京都編2」では、宅間(草彅剛)と姉小路さん(南果歩)が歩き、謎の数字ステッカーを発見した直後に、歌舞練場の裏が放火されるという事件の場となっています。

  
暗くなると雰囲気最高

真盛辻子

右は西方尼寺

下宿設定の町家の脇の道は、上七軒通から今出川通に通じる真盛辻子(しんせいのずし)。先が行き止まり(どんつき)になっているのが「路地(ろーじ)」で、通り抜けられるのを「辻子(ずし)」と呼ぶそうです。2話で火村と鍋島刑事(生瀬勝久)が歩いていました。

あちこちで花街らしい光景が見られる
道なりに行けば上七軒通

舞妓さんがいっぱい

 
 
 

京の春の風物詩、毎年3月25日から4月7日にかけて、上七軒歌舞練場で上演されるのが「北野おどり」。火村先生の下宿設定の町家の前は、歌舞練場からお茶屋さん、 上七軒芸妓組合への通り道で、舞台用に着飾った舞妓さんや芸妓さんが行き来します。先生、なんとも色っぽくてオツな場所に住んだはりますね。

「は~、舞妓さん、キレイやなあ~(〃´д`)」と、アリスが玄関先でぽーっとしているのが目に浮かびます。

火村先生んちの裏手に上七軒芸妓組合がある

また、花街だけあって、夕刻、軒先の提灯に明かりが灯る頃に訪れると、舞妓さん芸妓さんの出勤風景を見ることができました。

祇園より空いてて、ごく日常って感じ
2018年10月改定公開