シーズン4-1、5スペシャル

3. 祇園の路地

観光客で賑わう花見小路と違って静か

シーズン4-1話より、糸村さんが軽快に自転車を走らせるのは、町家が立ち並ぶ路地。町家と書きましたが、一般の人が暮らすそれではなく、料亭やお茶屋さんの建物が立ち並ぶ、景観地区の祇園の路地で、オープニングタイトル背景となった花見小路の目と鼻の先です。

漢検の裏

最初のカットは、八坂神社近くにある漢字ミュージアム裏の路地で、後ろにその塀と建物が見えます。

この先はメインタイトルに使われた花見小路
ここね

次のカットは、もう一筋東の通りで、祇園のメインストリートの花見小路方面に曲がって自転車を走らせて行きます。(地図上の整合性は無視すること!)

京都では良く見かける、通りに面した家の入り口が、小さなトンネルのようになっている奥から撮影されています。

奥から撮影

糸村さんの自転車と舞妓さんたちがすれ違いますが、お茶屋さんに加えて、八坂女紅場学園(やさかにょこうばがくえん)の裏手になる為、夜は盛装の舞妓さん、日中はお稽古着の舞妓さんを見ることができる、頗る京都らしい場所です。

女紅場(女子のための習い事の施設のこと)
右に八坂女紅場学園がある

神崎刑事が告られたところ

シーズン5スペシャルで、神崎刑事がいきなり告白されたというか騙された「近所のケーキショップの近く」設定の路地は、糸村さんが自転車を走らせていた1枚目の画像と同じ路地で、反対方向から撮影されていました。

こっちから撮影
場所は同じ

祇園佐川急便

  

近くには京都らしいシックな佐川急便があります。限定グッズも販売しています。

漢字ミュージアム

祇園商店街アーケードに沿ってある

漢字検定で知られる「日本漢字能力検定協会」が運営する「漢検漢字博物館・図書館・漢字ミュージアム」は、八坂神社の目の前にあった京都市立弥栄(やさか)中学校の跡地に作られました。

最大の見どころは、年末の風物詩、清水寺で発表される「今年の漢字」の一挙展示。五条に本部があった時よりゲーム性もアトラクション性も高まって、そこそこ楽しく漢字について学ぶことができました。

  
がんばってるがハコモノ行政感は否めない

ミュージアムは入館料(気持ちお高い)が必要ですが、入り口脇のカフェやお土産コーナーは一般利用ができます。五条の資料館は見学無料だったんだけどなー。展示品に「漢字レーシングカー(漢検号)」は無かったなー。どうしちゃったんだろー(棒)

↓烏丸五条にあった頃の漢検漢字資料館のルポはこちら

2018年10月公開