シーズン4、5

2. 滋賀県庁舎本館

正面全景
いつもの

「火消し」「特対」こと、捜査一課特別捜査対策室のある京都府警本部として画面に映し出されるのは、京都駅から東海道線下りでふたつめ、JR大津駅から歩いて数分のところにある滋賀県庁舎の本館です。

正面大階段
すっきりしたデザイン

周辺の庁舎群の中でも最も歴史があり(昭和14年竣工)、重厚な外観とともに、他ドラマでも撮影使用されているのが、シンプルな図柄が美しいステンドグラスのある大階段です。

2階から3階への踊り場で撮影したっぽい

県庁ホームページによると、壁面のレリーフが従来の石材とは異なり、県立窯業試験場(現在の信楽窯業技術試験場)で作成された陶器(テラコッタ)製とのことで、確かに大理石とは違う柔らかな色合いと肌触りでした。

信楽焼と言っていいのかしらん?

シーズン4-1話で、糸村さんと神崎刑事が話すシーンの、「お役所感」溢れるフロアは多分3階。(2階は知事室があるからか赤絨毯が敷いてあって、4階は少し作りが違う)

3階
3階
2階

建物正面の湖国を象徴するとされる噴水が、夕方訪れたせいか作動していませんでした。「遺留捜査」の画面でも動いていませんが、2015年に放映された上川隆也主演の「最後の証人」では、勢い良く水が流れる様子が、ラストシーンで確認できます。

ブロンズ製裸婦像「母なる湖」
外壁の意匠もなかなか
京都府警じゃない(当たり前)
2018年10月公開