シーズン18SP

8. 京都国立博物館

画像引用元 京都国立博物館

黄金の五重塔展示室

シーズン18スペシャルで、時価5億円の純金の五重塔が展示された「ホテルラティオー本館1階展示室」は 、京都国立博物館の旧本館である明治古都館の中央ホールでした。

煉瓦造平屋建てフレンチルネサンス様式の建物で、赤坂離宮、奈良国立博物館本館、東京国立博物館表慶館にも携わった片山東熊の設計。開館は1897年(明治30年)。

正面に噴水とロダンの「考える人」がある

2018年11月25日まで特別公開中

正門とともに重要文化財となっている明治古都館は、耐震補強工事や埋蔵文化財調査等で本来は閉館中。でしたが、「京(みやこ)のかたな」展会期中は、特別に公開されております。

明治古都館

「刀剣乱舞-ONLINE-」コラボイベントとして、刀剣男士の等身大パネルや、「骨喰藤四郎」の復元模造が展示されており、(自分も含めて)刀剣女子の皆さんで大賑わい。ということで、建物内部よかパネル主体の写真で申し訳ありませんが、御笑納願います。


中央ホール
  
  

博物館HPのロケ撮影利用申請ページを見ると、他にも京都サスペンスで見覚えのある場所が!!平成知新館グランドロビーは、「赤かぶ検事奮戦記7」で超近代的な京都地方検察庁になっていました。

この日は空いててラッキーでした
平成知新館

いつもきっちりしたスーツ姿の人が、ちょっと崩れたシャツ姿なんかになると非常に萌えますが、この回の蒲原刑事(石井一彰)がまさにそれでした。

誰かにソックリの直木賞作家武藤要の作品は、謎解きイベント原作の「花嫁家の一族」よりも、「科捜研の男」が今でも気になります。科捜研を退いた後は、なんかジャングルみたいな温室(自宅)に居て、妙に金回り良くて謎だった。

2018年10月公開