シーズン17-3、シーズン18SP

2. 隣のビル

左下の看板に要注目(後述)
前は国道1号線で交通量がメチャ多い

積水化学工業京都研究所の南隣にある大きなビル。TOWAという半導体等精密電子部品製造関連の、京セラや任天堂同様に京都を拠点とする企業です。 (会社ホームページの指紋認証センサー技術にちょっとワクワク)

全体が鏡面ガラスに覆われており、こういう建物に空や風景が映り込む景色が大好きなので、大喜びで写真を撮りまくってきましたが、後日、科捜研(シーズン17-3話)見てたら、殺害された名誉顧問・結城節子(草村礼子)の会社「結城テクノロジー」社屋として映ってお茶吹きました。

美しい
タイムラプス動画を撮りたいなあ

風船爆弾製造に関わってしまった贖罪と、空に平和を求める心を映し出す社屋……と言ったら穿ち過ぎでしょうか?青空と渾然一体となったビルの写真を見ながら、ふと思いました。

汎用性の高いビル

ここは「遺留捜査」シーズン4-2話では、普通のビルっぽく壁面を画像加工されて、「大手化学メーカーのゼノリス社」になっとります。

更に最新の「科捜研の女」シーズン18スペシャル冒頭では、謎解きイベントと黄金の五重塔展示の「ホテル ラティオー」の隣のビルとして活用されておりました。

隣は科捜研の京都府警

社内にはギャラリーもあって、伏見城跡出土の金箔瓦を公開展示しているそうなので、次は総務にアポ取って、平日の営業日に見学に行きたいと思います。

看板に見覚えあり!

表通り側に設置された看板も、当然「結城テクノロジー」に画像加工されておりましたが、この醍醐寺の五大力尊像の御加護がありそうな看板、なんか凄く見覚えがある…… アレだ!「相棒」のロケ地、JR京都伊勢丹の英國屋の上の壁面で見たんだった!

  
英國屋のオープンテラス

建築物探訪

通りを挟んだ向かいのビルもちょっとイイ!西隣にも不思議な形の建築物があり、こっちはパチンコ店でした。

  
  
2018年10月公開