2話

15. 嵯峨鳥居本

包帯男との遭遇

「俺も泊まりに行っていいか?」

第2話でアリス先生が執筆を兼ねて訪れたのは、茅葺屋根の家屋が連なる伝統的建造物群保存地区の嵯峨鳥居本さがとりいもとの通りでした。アリス曰く「まるで横溝正史の世界」ですが、ハイシーズンは観光客やハイカー、サクリストが多く行き来する、化野念仏寺あだしのねんぶつでら から愛宕念仏寺おたぎねんぶつでら、更に清滝へと続く人気コースです。

旅館内部や露天風呂は別の場所らしい  
平野屋の店先はメジャーロケ地

朝の散歩を楽しむアリスの後ろに赤い鳥居が映りますが、これは愛宕神社あたごじんじゃ一の鳥居で、愛宕詣での起点となっています。

左にバス停案内板と階段 
怪しい階段  
特に怪しくなかった  

怪しい包帯男が降りてきたちょっと薄暗い湿った感じの石段ですが、どってことない上のバス通りに通じる階段でした。階段を上がった先の鳥居本バス停手前に、嵐山パークウェイへと続く高架がありますが、俯瞰シーンはここから撮影したのでしょうか?木が茂っていてちょっとわかりませんでした。

左側が高架  
町並み保存館の真上を通っている
高架から一の鳥居側を眺める  

高架から鳥居の反対側を眺めると、「科捜研の女」シーズン10-4話で土門さんとマリコさんが歩いていた場所が良く見えました。

  
2019年8月改定公開

祝!第2シーズン!

ついに第2シーズン決定!!!Twitterでは火村復活キャンペーンで「#こんな火村とアリスが見たい」というタグの元、2人のどんなシーンが見たいか募集がありました。オバサンは斉藤窪田コンビで「雛人形を笑え」(「菩提樹荘の殺人」収録)の掛け合い(漫才)が見たいです!

サイト内検索