【屋上反省会】「科捜研の女」ロケ地巡り【洛北医大】4

祇園 巽橋  祗園祭  紫織庵  織成館  本物の府警本部界隈  ポリスまろんポリスみやこ

祇園 白川巽橋

辰巳稲荷とともに京都観光のメッカ

14シリーズ3話は、日本髪を結う際に使う「紺紙」「元結」「簪」が捜査の決め手となっており、冒頭、ここ巽(たつみ)橋で所長(斎藤暁)が亜美ちゃんに、舞妓の髪型や簪について薀蓄を語っていました。

先斗町
狙われた観光名所!

渡月橋に続く「連続イタズラニュース再現事件」では、ここでアヒルレースが!!!

アヒルじゃなくて鴨がいた(*´▽`*)

祗園祭

マスター・キートンの「祈りのタペストリー」のネタにもなっている鯉山

6シリーズ2話は、祇園祭、祇園花見小路、お茶屋、舞妓、お香、日本画と、非常に京都色の強い回で、マリコさんの芸妓姿も見ることができました。この回では「えずくろしい」(年齢不相応という意味)という言葉を初めて知りました。お香を捜すシーンに使われたのは、寺町京極商店街にある鳩居堂

お香、書画用品、便箋といった和物が揃う
鯉山の会所飾り

第7シリーズ(『新・科捜研の女3』)1話では、アルタイラ出血熱患者の逃走テロ事件に続いて、祗園祭の町会所が殺害現場に!(マリコさんも町会所で刺された)

「蕪(かぶら)山」という架空の山でしたが、会所飾りの小道具類が、なかなか気合が入っていました。

紫織庵

屋根の上に祗園祭の「鉾見台」がある
ドラマで座敷と庭を良く見る

11シリーズ14話で、老舗和菓子店の本宅となっていたのは、新町通六角上ルにある紫織(しおり)庵。絹織物製造卸販売の丸栄株式会社運営の町家ミュージアムで、 『ドクター彦次郎』の静子(鷲尾真知子)孝麿(宇梶剛士)母子の住む後白河家の座敷もここ。

大正時代に建てられた旧川崎家住宅で、洋館部分は武田五一の設計。座敷では祇園祭の「屏風祭」の様子が再現され、2階には明治大正期の長襦袢や染色資料が展示され、レトロモダンな和柄が好きな方は必見。見学は有料で予約制。

織成館

外観はモダンだが中は西陣の伝統的な家屋

西陣にある織成(おりなす)館は、帯地製造業「渡文」の初代当主の店兼住まいを活用したミュージアム(有料)。能装束や時代衣装の常設展や企画展が催されており、織物染色関係の回で度々撮影協力をしています。

美しいアンティーク着物と帯
見学後、座敷で一服できます

すぐそばには隠れた桜の名所雨宝院と、『狩矢父娘シリーズ』の撮影ポイントも。

京都府警察本部(本物)

山村美紗シリーズではおなじみ

中京区にある本物の京都府警察本部。隣接する京都府庁旧本館側の出入り口前は、他のドラマの撮影に良く使われています。

組織と仕事の内容については、府警察HPへどうぞ。科学捜査研究所は刑事部。組織犯罪対策第三課とか、サイバー犯罪対策課とか、不謹慎だけどちょっとワクワクw

2015年10月 京都府警から感謝状が授与されました

科学捜査研究所分室(本物)

敷地内にあるさして大きくない建物

府警本部隣に「京都府警科学捜査研究所分室」という建物があります。分室ってことは本部はドコにあるのだろう?

老朽化した府警本部の新築でここはどうなるのかな?

ポリスまろん・ポリスみやこ

グッズいろいろ

科捜研の皆が集まる「おやつ部屋」(笑)にあるのは、都を守る検非違使がモチーフの京都府警察本部マスコットの「ポリスまろん」と同僚の「ポリスみやこ」のぬいぐるみ。(白衣バージョンは科捜研オリジナルみたい)

先代マスコットは、京都府の鳥オオミズナギドリをモチーフにした「キョッピー」。以前はマリコさんも、キョッピーのケータイストラップを使っていました。(着メロは「鉄腕アトム」)

スペシャリスト(京都編)』では共演!?

京都府警察職員福利厚生会売店(一般利用可)

敷地内ではないが府警本部のすぐ近くの下立売(しもたちうり)通沿い
お役所の売店なので営業日と時間に注意!

ポリスまろん・ポリスみやこグッズは、京都府警察本部近くの京都府警察職員福利厚生会売店で購入できます。全国でも珍しい、署内ではなく外部にある、一般の人も利用ができる売店です。お役所管轄なので営業は「午前8時から午後5時まで」で「土日祝休み」。要注意。

売れてるそうです

京都府警本部のすぐ隣・京都府庁旧本館

正門からのショットはドラマ『坂の上の雲』の陸軍省として使われた

京都府警察本部の隣の京都府庁旧本館も、京都ロケ地探訪のおすすめスポット。特に中央階段と廊下は、『相棒』『京都地検の女』『赤かぶ検事奮戦記』『映画 逆転裁判』等、数多くの作品に使われています。春は中庭のしだれ桜がきれい。

サイン色紙

権藤さん……(´;ω;`)

寺町京極商店街のトイガン&ミリタリーコレクションショップやまもと寺町店に、サイン色紙が飾ってありました。沢口靖子、内藤剛志と並んで、殉職した権藤刑事(高橋光臣)のも。

寺町通は新京極通より落ち着いた専門店が多い

船越英一郎 京都の極み