【屋上反省会】「科捜研の女」ロケ地巡り【洛北医大】3

渡月橋  あの団子  嵐山 法輪寺  鴨川河川敷 (荒神橋、鴨川デルタ、半木の道、上賀茂橋) 

嵐山 渡月橋

おなじみのアングル
器物損壊事件現場

京都でサスペンスといえば嵐山!科捜研も良く出動しています。

13シリーズ3話では、観光名所がエライことに!!!ジョークサイトの (マリコさんは信じた)ネタ「10万トンクルーザーに対応!渡月橋跳ね橋化改良工事」が現実化!?

eXcafe京都嵐山本店

びっくりするほど駅のすぐそばでした
これこれ!
女子会会場は奥の庭の見える席、リッツパーリー!(違う)

嵐電嵐山駅の近くの人気和風カフェ。15シリーズ12話、落合刑事(池上季実子)が「女子会」と称してマリコさんを誘い出し、写真左側の席で向い合ってお団子を焼いていました。

落合刑事じゃなくても食べてみたい!

落合「一度食べたかったのよねー、ここの団子

すご~く気になったコレ、イクスカフェの季節メニュー「ほくほく、お団子セット」。炭の火力が弱くて「こんがり焼く」という感じではなかったですが、お団子6本にみたらし餡と小倉餡、お抹茶付きでボリューム満点でした。

しかし、池上季実子太ったなー。そう言う自分は、更年期障害もあって体脂肪が「♪50の恵み~」(泣)

Amazonビデオ
科捜研の女15

嵐山 法輪寺

事件現場あり、崖の告白ポイントあり

渡月橋の先、嵐山中腹にある法輪寺(ほうりんじ)は、虚空蔵法輪寺、嵯峨虚空蔵とも呼ばれる普段はとても静かな寺です。十三参りで有名ですが、境内の至る所が多くの作品の撮影に使われており、サスペンスドラマファン的に見どころの多い推奨スポットです。

上京区にも同名の寺がありますが、そちらは達磨寺として有名で、『山村美紗サスペンス・狩矢父娘シリーズ』『赤かぶ検事奮戦記』に登場します。

証拠を探しに
境内至る所が「見覚えあるある」で大コーフン!
塔をバックにマリコさんが覗き込むカットは下の電電宮側から撮影

15シリーズ9話、偽装妊婦殺害事件でマリコさんと相馬くん(長田成哉)が訪れて、境内でイラクサを探しています。 (イラクサが生えていたのは左京区の恵光寺の安産地蔵尊

遺体発見現場

山門脇は13シリーズ3話、イタズラニュース再現事件絡みの転落死事件現場。

山門を入って右側に、法輪寺の鎮守社電電宮(でんでんぐう)の 電気電波関係者の霊を顕彰する「電電塔」と、電気研究代表のエジソン、電波研究代表のヘルツの肖像プレートがあります。

山門くぐると右手に何か石塔が
電電塔とエジソンとヘルツのレリーフがある珍スポット
芝管理官も含め、何人突き落とされたことか……
見た目ほど急ではなくて安心!
長~い石段

相馬「テラエスカレーターwww」

連続イタズラニュース再現事件3件目、ジョークサイトに「石段エスカレーター化工事始まる」と報じられた法輪寺。十三参りの振袖の少女たちが家族と訪れるので、確かにエスカレーターがあれば便利w

ここも多くの作品の舞台

法輪寺には広い展望スペースがあり、いわゆる「崖の告白シーン」のロケ地として良く使われています。山村美紗の『狩矢父娘シリーズ』では、眼下の渡月橋の賑わいも映りました。

またここかーwww

面影寺(おもかげでら)という風雅な名で、12シリーズ9話では芝管理官(戸田菜穂)が突き落とされて重傷、16シリーズ9話では死体発見現場になりました。

高野川の上流にある寺という設定で、地理関係は実際とは全く違いますが、寺に出入りする通路はドラマで語られた通り、石段の他に主に自動車用の舗装された坂道が存在します。

左側に行くと駐車場と坂道
呂太くん(運動不足)がハアハアしちゃった急な坂道
途中にトイレが整備されました

石段途中から渡月橋方面に抜ける細い裏道もあって、こっちのが犯行現場に向いてる気がしますが、出入りや機材の搬入が難しいのか、他作品でも見た記憶がありません。

裏門側は「人形塚」等があるが人通りはほとんど無い
裏門側。左(阪急嵐山駅方面)に行けば山門前

珍スポット・電電宮

電気関係のパワースポット

法輪寺の鎮守社で、電気・電波の神「電電明神」を祀る神社。電気、電波関連企業のみならず、IT関係や電気通信事業者からも信仰を集めており、分析機器やパソコンを多用する科捜研の皆さんも、ロケ時に参拝したかも。

お守りは虚空蔵菩薩様のお姿入りのmicroSDカード!

鴨川河川敷~荒神橋~

河川敷西岸(左)側が良く撮影に使われる

鴨川の河川敷は公園になっており、散策道や運動広場やベンチが整備されています。鴨川デルタ下流にある荒神(こうじん)橋近くの河川敷は、川をバックにしたシーンの、おなじみの場所で、鴨川に向かって備え付けられたベンチと亀の飛び石は、絶好のロケポイントです。(多分一番ここを良く使ってるのは『京都地検の女』)

川上に向かって並ぶ3つの亀石がポイント
対岸の精華高校の校舎と近畿地方発明センター(手前)が大抵背景に映る
多くの俳優さんが座っているベンチ

16シリーズ12話ラストでは、ここで土門刑事と兵藤刑事(佐野史郎)が「けったいな女」について語っておりました。

府立医大と附属病院の裏手になる為、車椅子や点滴スタンドを手にした患者さんと家族、病院関係者が寛ぐ場所になっており(そのせいか、やたらとベンチがある)、実際に「御見舞の後で語りあう」といったシチュエーションにも良く使われています。

向こうは府立医科大学と医大病院
マリコさんの自転車通勤コースにある
ホンボシ』でも見たわここ

鴨川河川敷~鴨川デルタ~

西(左)の加茂川、東(右)の高野川が合流して鴨川になる

荒神橋の上流。出町柳にある鴨川の三角州「鴨川デルタ」は、京都市民憩いの場。ドラマ、映画、小説、アニメと、ジャンルを問わずに舞台となっている聖地巡礼の要です。

直近では16シリーズ9話で被害者の遺留品(ペン型インスリン注入器)が発見された場所として、呂太くん(渡部秀)と亜美ちゃん(山本ひかる)が出向いていました。

遺体発見現場
橋を渡れば出町柳駅
ここから向こうは高野川

デルタ東側の河合橋下が、元ストーカー殺害事件の現場(15シリーズ10話)。検死をする一同の後ろに、京阪電鉄出町柳駅が見えました。この回はラストシーンも鴨川デルタで、マリコさんと土門刑事の背景は、加茂大橋と亀の飛び石でした。

デルタ突端は13シリーズ14話でも
冬場は川風が寒い
夏が一番!(突端にいるのは水質検査をする市職員)
タネゲンは良くロケ協力をしています

デルタの西岸、出町橋袂のタネゲンガーデンセンター本店脇。ラティスと花を背景に、マリコさんと土門刑事が歩いたことも。

鴨川河川敷~半木の道~

左手に枝垂れ桜の棚が連なる
散策にもってこい

「半木(なからぎ)の道」は、京都府立植物園の西にある賀茂川東側堤防の散策道。桜の名所で、北大路橋と北山大橋の間約0.8キロにわたり、八重紅しだれ桜が「桜のトンネル」となって咲き誇ります。

直近だと15シリーズ13話(高校時代の土門さんの話の回)ラストが、半木の道の下の河川敷遊歩道で撮影が行われています。この辺りから出雲路橋周辺も良く使われているようです。

第2シリーズ5話では、ここで殺人事件が発生し、降雨実験の後で、川辺をさらって遺留品を探していました。 作中では容疑者が原付バイクで走ったり、SRIのバンが停まったりしていますが、車両は立入禁止です。

画像引用元「京都の桜写真」 
事件現場
桜の頃は混雑するが、普段は静かな散歩道
出雲路橋から大文字を臨む

すぐそば・鴨川東署

半木の道の入口のある北山大橋の袂には、『おみやさん』の京都府警鴨川東警察署こと京都土木事務所があります。

鴨川河川敷~北山大橋から上賀茂橋~

もう少し先に行くと船形が見える
TV画面でも護岸工事中の御薗橋が見えた

15シリーズ最終回ラストシーンでは、荒神橋の亀石が映ったと思ったら、五山送り火の船形が見える上賀茂橋近くの河川敷遊歩道になっていて、マリコさんと土門刑事はワープしたか、河川敷を遡って5km近く歩いていたことになります。 (タイヘンダナー)

西加茂船山。ここまでかなり川沿いを遡る


JTBならバリアフリーのお宿も充実!